信楽窯業技術試験場移転記念展ジャパン・スタイル-信楽・クラフトデザインのあゆみ

陶芸の森、陶芸館で開催中の –信楽窯業技術試験場移転記念展ジャパン・スタイル-信楽・クラフトデザインのあゆみ– に、大西忠左の昭和45年頃制作のビアマグが出展されています。

  • 期間:2022年03月05日(土) – 2022年06月09日(木)
  • 場所:滋賀県立陶芸の森 陶芸館
  • 入場料:一 般 600 円(480 円)、高大生 450 円(360 円)、中学生以下無料 *( )内は 20 人以上の団体料金
  • 主催:滋賀県立陶芸の森、滋賀県工業技術総合センター信楽窯業技術試験場、京都新聞
  • 後援:滋賀県教育委員会、甲賀市、NHK大津放送局
  • 協力:公益財団法人日本陶磁器意匠センター

1957 年にはじまるグッドデザイン商品選定制度や国際競争力の強化を目指したデザイン振興施策が打ち出され、日本独自の美意識を活かした〈ジャパン・スタイル〉が探求されていきます。
 国内の陶産地でクラフトデザイン運動の指導者として活動したのが、日根野作三(1907-1984)でした。現在の信楽窯業技術試験場を拠点に展開した、日根野のデザイン指導を通して、陶産地信楽のモノづくりは新たな活路を見出してゆきます。
 日根野や熊倉順吉(1920-1985)の指導で、産地が一体となり火鉢低迷の苦境を乗り越えたあの頃。本展では、活気に満ちた当時を振り返りつつ、いま信楽で話題の作家たちを紹介。新時代を予感させる〈うつわ〉を提案します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。